運営者の想い

melt(メルト)の運営者の想い

melt(メルト)の由来

 みなさまはカウンセリングにどのようなイメージをお持ちでしょうか。日本ではまだまだ、カウンセリングの敷居は非常に高く、また金銭的な面においても継続することが難しいという現状がございます。

 カウンセリングを受けている相談者の方の中には「カウンセリングを受けたいけれど金銭的な余裕がないため泣く泣くカウンセリングを受けることを諦めざるを得なくなった」という方や「カウンセリング を受けたけれども、カウンセラーと合わず余計に心に傷がついてしまった」という方もいらっしゃいました。 こういった現状は、非常に悔しく、もどかしい思いを感じます。

 このような現実の中で、よりカウンセリングの敷居を低くしたい、より相談者の方にあったカウンセラーに出逢ってほしい、という想いからこの「melt」は誕生しました。「melt」とは日本語で「溶ける」という意味を持ちます。「melt」が、あなたの心にあるモヤモヤした感情を溶かしたり、凝り固まった思考をほぐしたりすることができればと思い「melt」という名前をつけました。

melt(メルト)は2人で運営しております。

きっかけはもっと気軽にカウンセリングが受けたい・受けて欲しいでした。

運営者

佐野(AIエンジニア)

家族にうつ病をもち、周りに相談しづらい状況を経験し、もっと気軽に安く相談できるサービスが欲しかったと感じ、開発に至りました。

さとう(臨床心理士・公認心理師)

これまでカウンセリングを2000件以上行い、様々な相談者の方とお会いしました。カウンセリングを行うにあたって少しでもカウンセリングに対する相談者の方の負担を減らすことができれば、という思いでこのアプリの開発に携わりました。

さとうのカウンセリングルーム

さくらこころのカウンセリングルーム

運営者さとうのカウンセリングはこちらにて。お気軽にお立ち寄りください!

お問い合わせ